FC2ブログ

感涙のM性活

年中無休で発情中!!童貞 包茎 露出狂マゾの妄想と告白
2019/10≪ 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  ≫ 2019/12

照明を駆使して

ホテルでの撮影は有意義です

広々とした室内は自由に使え、お風呂も広くて快適

あまりの快適さ故に、何時間滞在しているのか、時間の感覚がなくなります


P1290459.jpg

その中で、大事にしているのが照明です

野外でも街灯は重要で、殺風景な背景に大きなアクセントとなります

それに、街灯や照明の灯りは、同時に自身の性感も高められ

スポットライトを浴びて羞恥責めされているような気分になります


P1290460.jpg

蛍光灯のようなハッキリとした白い灯りはあまり好きではなく

大通りのオレンジ色の街灯や暖かみのある色

写真のように眩く、突き刺すような光りが好みです

それでも撮影時、特に照明を意識して撮影するわけではありません

そんな技術や知識はなく、せいぜいがカメラの角度を変えるくらい

特に洗面所などは、狭くて撮影するスペースが限られます

鏡に顔が写り込むのは、モザイクを鏡に掛けるようになるので写真としては嫌いです

しかし、カメラの角度や照明次第では、予想外の写真が撮れることもあり

マンネリになりがちな撮影に光明をもたらしてくれます


P1290463.jpg

結局、何が言いたいのか分かりません

自分が気に入った写真を載せて、ついでにグダグダと文章を書いただけです

セルフ撮影を始めてもうすぐ6年になりますが

普段、当然にそこにあるものとして捉えている照明などが如何に大事か

撮影では、小物や小道具に助けられることが本当に多いです
スポンサーサイト
[PR]

コメント

コメントの投稿


トラックバック

トラックバックURLはこちら
→ http://1919kazuo.blog.fc2.com/tb.php/1075-8607d194
FC2ブログユーザー用
この記事にトラックバックする。