FC2ブログ

感涙のM性活

年中無休で発情中!!童貞 包茎 露出狂マゾの妄想と告白
2019/04≪ 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  ≫ 2019/06

第九回 かずお裁判

P1330043.jpg
「原告かずおは、腸が弱く、また神経質でもあり

 10代の頃は、頻繁に便意に襲われていました

 そして、学校はもちろん、郊外でも便意は訪れ

 その時は、仕方なく野外排泄で処理していました

 これは事故であり、避けて通れるものではなく

 不意に訪れるため、排泄を事前に済ませておけば良いというものでもありません

 原告は、罪悪感に苛まれながらも仕方なく野外排泄という行為に及んだのであります」




「原告が腸が弱いというのは事実ではあります

 しかし、その罪悪感や背徳感を快感に変えていたのも事実です

 中学校でも、校庭の隅で野外排泄を度々行い

 女生徒に見つかりそうになり、それを快感という思い出にしています

 また、成長するに従い、野外排泄を趣味にするようになり

 それに露出癖を加え、全裸で野外排泄を行うようになったのです

 長年の野外排泄行為で、自在に便意を呼べるようになり

 特に食後に行うようになったのです

 罪悪感や背徳感は、マゾヒズム的快感の一部でしかなく

 便意の我慢、全裸になること、放屁を放つこと、便が肛門を通ること

 さらには学校という神聖な場所、同級生がいる場所で行うこと

 それらの全てが快感となり、その変態行為に酔い痴れていたのです

 決して事故や偶然ではなく、回避出来る行為であります

 それをもう一度審議されての判決を願う次第であります」
スポンサーサイト
[PR]