FC2ブログ

感涙のM性活

年中無休で発情中!!童貞 包茎 露出狂マゾの妄想と告白
2017/09≪  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  ≫ 2017/11

めっちゃ雨降りましたね

僕の活動時間帯は、基本的に夜ですが

最近は明るい時間帯にも活動するようになりました

特にスクール系の衣装は昼間の方がリアルであり

朝夕の通学、昼間の体育や水泳など

時間帯で衣装が変わる女子〇生が羨ましい

ならば僕もと授業のように着替えています
DSC01142_convert_20170928233901.jpg
とは言ったものの、これは夜のゲリラ露出徘徊の話

大通り横の脇道で制服にルーズソックスという姿で徘徊

ボディコンと同じで超ミニが恥ずかしく

でもそれ以上に上半身も恥ずかしい

一目見ただけでセーラー服と分かってしまうからです

脇道から大通りの歩道へ出た時、目の前数メートルの距離に自転車が

慌てて振り返って後ろを向き、確認のためにその自転車を見ると

自転車には、1人のOL様が乗っておられました

振り向いたために超ミニとイチゴパンツは丸見え

正面に向き直ったためにセーラー服だと丸分かり

OL様は僕の姿をじっと視姦されていました
DSC01113_convert_20170928233752.jpg
スポンサーサイト
[PR]

風邪引きそうな夜ですね

いい感じの踏切を発見、早速撮影しました

いつもと違った雰囲気、いつもと違った絵が撮れるのは嬉しいもの

それも街中であれば、よりリアルな画像になり

自分がその中の住人であるのが嬉しいのです

注意しながら大通りや交差点、駅を利用して撮影していました
P1340391.jpg
線路脇の路地で撮った画像です

ちょうど僕の背後、踏切のところに人影があります

こういう速度感、疾走感がある画像が好きで

スピードが現実的で、絵としてもリアルです

フラッシュが光る少し前に、大爆笑が聞こえたので振り返ると

自転車に乗ったギャル様2人が僕を視姦しながらニヤニヤしておられました

それでも、あと少しでシャッターが下ります

どうしようかと焦り、恥ずかしさに震えながらも意を決し

大爆笑を背中で受けながら、ポーズをキメて撮影しました

ギャル様2人は、通り過ぎた後も大爆笑を響かせながら走って行かれました

この時期にしては暑いくらいです

空が青くなり始めた明け方に撮影していました

街中だったので新聞配達の自転車やバイクは要注意

そんな中、住宅や商店が一つもない短い路地を見つけました

これなら新聞配達の方も通ることはない

ガラガラと聞こえる音も、明け方の街中なら当たり前

バイクや自転車の音が近づいても通らないので安心していました
P1260863.jpg
そして、上の写真を撮った瞬間でした

人の気配がしたので振り返ると、ギャル様が1人、キャリーバッグを引いて歩いていました

上記のガラガラ音はキャリーバッグを牽く音だったのです

距離にして1~2メートル、驚いた表情での視姦でしたが

見られたことよりも僕の関心はその女性の服装でした

白でノーポケットのパッツンパッツンのパンツスタイル

通り過ぎた後ろ姿のお尻は大きくて今にもパンツが破れそうなほど

膝から下は細く、でも太腿はいい肉付き具合

顔面騎乗大好きな僕はそのお尻に見惚れ

そんなお尻を持つ女性に見られたことに悦楽しました

まだまだ夜も夏ですね

夏の夜はいろいろ

ムシムシする火が点きそうな熱帯夜

お盆が過ぎて、過ごしやすくなった夏の終わりを告げる夜

短い夏を急ぐように全裸で追い掛けています
DSC00486.jpg
昼間と変わらないムシムシした夏の夜

わりと早い時間からゲリラ露出を敢行していました

画像の水着は生地が薄く、着ている感覚がない

首に掛けた紐が窮屈なくらいで、お尻はGストリングスの紐T

その恥ずかしい姿が露出徘徊に拍車を掛け、大通りに迫りました
DSC00487.jpg
様子を伺いながらも、体を弄りターンを繰り返します

しかし、車の音が激しくて気づきませんでした

ほんの数メートル先、2人のギャル様が現れました

お2人はウォーキング中のようなジャージスタイル

僕もターンとウォーキングを繰り返し、ついに目が合いました

立ち止まるかのような遅いスピードでじっと視姦されるお2人

恥ずかしくてターンすると、お尻は紐T

振り返るとその紐Tもじっと視姦されていました

画像が明るくなりました

夏場は水着を満喫です

撮影はもちろん、徘徊するのも本分であり

むしろ真夏は水着すら着ているのが暑くて苦しい

全裸で撮影や徘徊していてもまだ暑いくらいです

それでも、夏のイメージは水着

短い夏を満喫するように、夏の終わりを焦るように
DSC00198.jpg
大通りに近い路地で、画像の水着になりました

割と明るい路地で、街灯がスポットライトのよう

その場所で、撮影するのか、徘徊を始めるのか思案していました

大通りまでは20m以上あります

比較的遠いので、少し油断していたのかもしれません

思案中、大通りに2人のお姉様が通り掛かられました

お2人はゆっくりと歩かれていて、僕の方は体を愛撫中

ほぼ同時にお互いの存在に気づきました

お姉様方は、そのゆっくりとした足取りでじっと僕を視姦され

あまりの恥ずかしさに振り返って路地奥へ引き返しましたが

振り返ると、Tバックのお尻を遠くからまだ視姦されていました
DSC00199.jpg

なんだか雨が懐かしいです

場所によっては、緊張がピークに達するゲリラ露出

街中の大通りでは、徘徊や撮影どころではありません

一瞬の隙を突いて脱いだり、物陰に隠れたり

スリルは楽しめても、露出狂マゾ本来の性癖からズレてしまいます
P1370608.jpg
大通りでの撮影でした

僕にしては早い時間帯だったので、とにかく人が多い

イケるかなと思ったら、次々と人や自転車、車が行き交う状態です

それでも、意を決して赤のモノキニワンピース一枚の姿になり

軽く徘徊した後、小さな駐車場で撮影を始めました

あまりにも人が多いために、車の影で撮影です

何枚か撮り、車越しに大通りを確認した時のことでした

自転車を押した全身黒のギャル様と、グレーのタイトパンツのギャル様

お2人のギャル様が、立ち止まるくらいの遅いスピードで僕を視姦されていました

次々とポーズをキメて撮影を続ける僕を、見下すような冷たい視姦

鼻で笑う表情までしっかり見え、恥ずかしさに膝が震えました

しかしよく降ります

ただ単にゲリラ露出と撮影をしているわけではありません

雰囲気や人通り、建造物などを考慮

ある程度自分の基準に合わないと、とてもじゃないけど無理です

それと同時に、イメージや妄想も重要な要素です
P1370699.jpg
大通りでのゲリラ露出

深夜とはいえ、その通りには頻繁に車や自転車が行き交います

V字に分かれているゾーンを見つけ、これは珍しい場所と露出を決意

V字の真ん中辺りに駐車場があり、そこを拠点にすることにしました

しかし、V字だからこその難点、両側から真ん中の駐車場が丸見え

一瞬の隙を見て、画像のバンドゥビキニ姿になりました
P1370705.jpg
駐車場を出てモンローウォーク、撮影まで実行しよう

駐車場の物陰から1、2歩踏み出した時でした

目の前にショーパン、野球のユニホームを着たクラブ系のギャル様が1人

ド派手なファッション、ヘアースタイルに見惚れてしまうほどです

体を弄りながら歩を踏み出したので、官能ポーズを気づかれ

軽蔑の視線でじっと視姦されました

今週は梅雨らしい天気みたいです

大通りに面した駐車場で撮影していました

車はひっきりなしに行き交い、人通りも多い場所

目視で確認、耳を澄まし、それでも追いつかないくらいの交通量

大通りからの死角で撮影、出入り口付近でリアルを感じたり

次第に、車の音や街のざわめきが快感の効果音となり

羞恥露出している現実との関わりが嬉しくなります
P1370017.jpg
画像は、その駐車場の出入り口付近

これだけ明るいと、自分の姿に羞恥と嬉しさが込み上げます

そして、画像の僕の後方に人影が

自転車に乗ったギャル様2人が、僕を視姦して行かれました

画像でも分かるように、通りやビルと同化するようなスピード

駐車場を通られたのは一瞬で、僕に気づかれたのも数秒だったと思いますが

後ろからはピンクのTバックが丸見えだったと思います

そして、大通りにも拘らず、去り際にお2人の爆笑が響き渡りました

寒暖の差は要りません

砂利道では、足の裏に激痛が走ります

痛い上に砂利の音が響くため、そういう場所はあまり使いません

その点、アスファルトはヒンヤリと心地良いくらいです
P1340675.jpg
深夜とはいえ、車が行き交う通りに面した場所

左右が木々で覆われているので、見られても一瞬です

その場所で、撮影も兼ねたジュリアナダンシング

ジュリ扇を振りながら、腰をクネらせてダンスに興じていました
P1340674.jpg
数枚撮った時のことでした

写真の後方、白い光のようなモノが写っています

それは自転車のライト、振り返ると自転車に乗ったギャル様が2人

お2人共、ニヤニヤしながらじっと視姦

写真でも分かるように、これだけパンティが見えていたら、背後はハミ尻

さらに、振り向いたのでフロント部分はパンティ丸出し

視姦に震えながらも撮影を続けました

4月の夜はまだ寒い

どの衣装でも、路上の写真が欲しい

日常感溢れる景色や公共物などのリアル感が欲しい

ゲリラ露出の方が楽しくなり、徘徊と共に撮影に興じる

その写真一枚一枚は、貴重な記録となっています
P1300274.jpg
写真は路上ゲリラ撮影

少しボケているのが気になりますが、後ろは線路沿い

荷物を隠して徘徊しながら撮影していました

ゲリラ撮影は、一刻を争うのでアングルなどもイマイチなことが多く

液晶画面で確認しては納得がいかずに撮り直すこともしばしば

しかし、その緊張感も楽しんでいます
P1290883.jpg
そして、上の写真を撮った時でした

線路沿いでの撮影は、リアル感がありますが、線路の向こう側が見えない

僕の後方、線路の向こう側ですが、大学生風の女性2人が現れました

結構距離がありますが、彼女達にも見えた様子

クスクスと笑い声が聞こえ、振り返ると2人共こちらを見ていました

口に手を当てて笑いを堪え、何やらヒソヒソ話していますが

僕は何事もなかったように撮影を続行しました

短い2月は寒さが深い

う~ん…再び寒い

ここしばらくの気候で、まだ1月だったのを忘れてました

というか、ここから寒さが本番です
P1390712.jpg
秋の深夜に撮影、徘徊していました

大通りから少し入った住宅街です

物静かな雰囲気は、気兼ねなく満喫出来て有意義

大通りからも離れているので車の接近もライトや音で分かります

颯爽とジュリ扇を振りながら、堂々とモンローウォーク

ボディコンの裾が捲れ上がって、パンティや尻肉が出ていても気にしません
P1390713.jpg
あまりにもボディコン徘徊が気持ち良かったのでしょう

そして深夜の住宅街は静か過ぎました

一台の自転車が僕をゆっくりと追い抜いて行きました

急な到来に驚いたのですが、意を決してそのまま歩き続けました

自転車には、大学生風の女性が一人

僕を追い抜く時、じっとボディコンの裾辺りを視姦していました

そもそも僕が前を歩いていたので、背後からパンティや尻肉も見えていたはず

恥ずかしくてもジュリ扇モンローウォークを続けました

まだ雪は降ってます

黒や赤や白のボディコンばかり着て撮影しています

SMの定番色なので着るとシックリくるのですが、それだけにマンネリも

たまに色やデザインを変えるとテンションも上がり

再び定番色に戻る時のメリハリにもなります
P1390840.jpg
写真のボディコンで路上撮影していました

深夜だったので車も人もほとんど通っていません

久しぶりに着たボディコンなのでテンションも上がりっぱなし

ピンクやラメ、そのド派手なデザインが露出狂冥利に尽きます

荷物や着替えはマンションのガレージに置いて辺りを徘徊していました
P1390841.jpg
ガレージから何度目の出発だったでしょうか

ガレージから出てすぐ自転車が2台、目の前に現れました

あまりにも突然だったのでどうしていいか分からず、とりあえずそのまま歩くことに

2台の自転車には20代前半のギャル様が乗っていました

僕と自転車ギャル様2人、お互いに驚いていましたが丁度重なる瞬間



「裸の人いる~っ!」

「ホントだぁ~っwww」



もちろん2人共、ボディコン姿をじっくりと視姦

深夜にも拘らず彼女達は大爆笑しながら叫びました

そのまま何事もなかったように歩き続けましたが

振り返ると、彼女達も何度も振り返りながら視姦されていました

年末らしい寒さになりました

大きな駐車場で撮影していました

通りに面していますが、かなりの広さ

駐車場の後ろは木が植えてあり、身を隠すのにも便利

しかし経験上、身を隠してくれる木々が決定打になることもあり

それは、背後に突然現れる通行人です
P1280480.jpg
写真はその駐車場での一枚です

お気に入りのボディコンで、ジュリアナダンス中の一枚ですが

僕の左後方に人影が写っています

振り返るとギャルが2人、僕を視姦していました

さらに、僕の痴態に興味があったのか、木々を掻き分けて覗き見

顔を突っ込んで僕のダンス撮影を視姦されていました

僅かな時間でしたが、その間の僕はパンティ丸出しにしながら

恥ずかしさを堪えながら、ジュリ扇を振り回してダンシング

クスクス笑われながらも、しっかり淫乱ボディコンマゾをアピールしました
P1280481.jpg

最近体調が悪いです

パンスト撮影はベージュにするのか、黒にするのか迷います

穿き返るのが面倒、破れやすいという難点があり

毎回どちらかに絞って撮影していますが、黒パンストにやや比重が掛かっています

ベージュは遠目なら生足に見えなくもない、生足写真は豊富にある

マンネリ気味のブログ写真の見栄えを変えたいという理由からです
P1270795.jpg
写真の姿で夜の街を徘徊していました

RQ風のパンスト、その光沢と肌触りが嬉しく

ジュリ扇片手に足を交差させ、必要以上にお尻を振るモンローウォーク

ボディコンの裾が上がるのも楽しく、徘徊を満喫していました

しかし、露出や徘徊はエスカレートするのが特徴

徐々に大通りへと歩を進めて行きました
P1270796.jpg
大通りに差し掛かる寸前、交差点の手前でした

角から一台の自転車が現れ、大学生風の女性二人が二人乗りしていました

二人とも眼鏡を掛けているのが分かったくらいの距離です

一瞬だけ躊躇しましたが、そのまま徘徊を続ける僕に気づいた女性達

僕の姿を見た二人は大爆笑、深夜だけに笑い声が響きます

僕の前を横切って通り過ぎた後も、二人は何度も振り返って爆笑していました

またも新たな場所で

撮影に使えそうな場所チェックは欠かせません

そして、初めて利用する場所での撮影はテンションが上がります

いつもと同じ衣装、同じポーズでも新鮮に感じ

わずか数回の間だけでも新たな撮影場所を満喫しています
P1330253.jpg
写真は、新たに見つけた撮影に適した場所

たまに人通りがありますが、それもスリルと楽しみます

荷物や着替えを置いて写真の衣装姿になった途端

背徳感や爽快感、激しい羞恥に襲われて目眩すらする

時間が経つのも忘れるくらい撮影に没頭していました




実は上の写真、街灯の近くに20代前半と思われるギャル様が3人おられます

撮影に没頭する余り、近くに来るまで気づきませんでした

上の写真を撮った時には気づいていましたが、そのまま撮影を続行

3人のギャル様の内の2人は興味無さそうでしたが

1人のギャル様は引き返してもう一度視姦しに来ていました

彼女には、ポーズを決めた丸出しのパンティが見えたと思います

珍しく早い時間

いろんな時間帯で露出撮影してきましたが

今まで一度も行っていない時間帯は午前中です

普段は仕事をしていて、休日ならばまだ寝ている時間

人通りも多くなってくる時間帯なので難しいものがあります
P1230749.jpg
22時頃に撮影していました

マンネリを避けるためにゲリラ撮影を敢行

しかしその場所は、大通りから一本入っただけの繁華街でした

車も人通りも多く、一瞬のスキを突いての撮影は疲れます

信号が赤の間なら、車との遭遇は避けられる

逆に青の間なら見られても一瞬です

撮影もそこそこに車が行き交う青信号の間に大通りへ

目的は繁華街を徘徊するためでした
P1230748.jpg
大通りへ出た瞬間でした

制服姿のJK様2人と出合い頭に遭遇しました

2人のJK様は一瞬歩を止め、僕は慌てて振り向きました

距離はほんの2~3メートル、2人共がじっくり視姦です

振り向いた時にフレアの超ミニがフワッと揺れて、パンティ丸見えなのが分かりました

恥ずかしくなって裾を直す瞬間に2人の方を見ると、まだじっと視姦していました

夏の思い出

夜でも暑い夏場のゲリラ撮影記です

いつもは深夜に撮影することが多いのですが、この日は早出

夏特有の汗や蚊との格闘で長時間は無理です

しかも、夏場だというのにボディコンは暑過ぎました
P1330396.jpg
写真は偶然見つけた駐車場での一コマです

大通りに面しているのですが、荷物置き場があるなど便利

急に人が現れる危険を除けば有意義に撮影出来ます

少しずつ大胆になって大通りに近づいて撮影していました

僕の姿で見えませんが、僕の真後ろに浴衣姿の4人のギャルがいます

浴衣なら草履の音、しかも4人分なのでかなりの音になるはずです

しかし、興奮していたのか、車の音なのか、聞こえなかったようです

振り返ると全員がじっと僕を視姦していました

ボディコンの裾で分かるように、この丈ならTバックのお尻が見えているはず

しかも、4人共浴衣に草履なのでゆっくりと視姦しながら歩いて行きます

その羞恥に塗れながらも、ゲリラ羞恥撮影を続行しました

好都合な衣装

今年の夜は暑過ぎですが、冷凍庫の霜がハンパない露出マゾです

放っておいたら室内が立山の積雪のような状態に

アイスクリームが大好きな僕には死活問題です
P1360798.jpg
カットソーとホットパンツでの野外露出徘徊

この組み合わせは好都合で、それは完全着衣であるということ

ボディコンに比べて、露出感や羞恥度はやや下がりますが

それでも、着衣の気兼ねない安心感は快適

そして、着衣とはいえ、ホットパンツからのハミ尻露出は快感です
P1360808.jpg
大通りを交差点に向かって歩いていました

深夜ですが、大通りなので車は常に行き交います

車のライトとネオンの光をスポットライトのように感じながら

お尻を左右にプリプリ振りながら闊歩していました

すると、進行方向と同じ車道を、一台の自転車が並走

車のライトや音で気づかなかったのですが、キャバ嬢っぽいギャル様でした

かなり遅いスピードで僕の横に並ばれ、その時に僕のお尻を視姦

ホットパンツのハミ尻を、じっくりと視姦しながら並走されていました

曲がり角がなかったために、そのまま尻振り闊歩を続けました

最近は雨模様

夏場の気温が一番高くなる14~15時くらい

空は晴れているのにビックリするくらいの集中豪雨が好きです

降る前の昼間なのに真っ暗になる空にゾクゾクし

雨が止んだ後の蒸し返すような暑さとアスファルトの匂いが大好きです

冬場だと雪が降る前のシーンッと静まり返った雰囲気も同様です

雪が降る時は外出しませんが、何度も窓から空を確認

夏の夕立や雷も、嫌には違いないのですが何故か待ち遠しい

今や遅しと何度も空を確認し、降り始めやピークを見たくなります

なんとなく僕だけしかその瞬間を見ていない気が、独り占めしたような気になるのです
P1330878.jpg
それはさておき、写真はゲリラ露出の一コマです

ドンドン街中へ進出しているゲリラ露出

不安や危険もあるのですが、大通りに面していないと物足りないのも事実

今回も人や車が来ない一瞬を狙い、または通っていてもお構いなしに撮影しました

僕の後方に、女性が2人歩いています

声が聞こえたので振り返ると、怪訝そうな表情で視姦されていました

距離が結構あったので、お互いに何事もなかったように無視です

僕はその後も数枚写真を撮り続けました

夏バテ気味です

ゲリラ露出や撮影の真っ只中

不意に通行人に出くわすことがあります

予期せぬ遭遇で、お互いに大慌て(すみません…)

堂々としている方が、お互いに自然な時もあります
P1370619.jpg
深夜の撮影でした

工業地帯での撮影や徘徊はテンションも格別

街中では、現実感や背徳感に酔い痴れますが

工業地帯では、その無機質な非現実感と戯れます

さらに、お気に入りのバンドゥビキニが心地いい

女装、ビキニ、バンドゥビキニ、シャーリングボトム、半裸など羞恥要素がいっぱい

撮影よりも徘徊に力を入れて楽しんでいました
P1370620.jpg
徘徊経路を考え、佇んでいる時でした

ボーッとしながら、ふと何気なく後ろを振り返ると自転車が一台

20代前半と思われるギャル様が一人、自転車で通り過ぎて行きました

急な事だったのでどうすることも出来ず、振り返りながら佇みを続行

ギャル様の方を見ると、去り際に口に手を当てて爆笑しながら視姦されていました

その後も、羞恥に悶えながら徘徊と撮影を続けました

数年前のビキニで

いよいよ熱帯夜が続いていますね

快適な夜は好きですが、蒸したような夜も夏らしい

昼間は海やプールで泳ぎ、夜にジョギングするのが理想です
P1370202.jpg
3年ほど前に購入したバンドゥビキニ

チューブトップとシャーリングボトムがお気に入り

そのビキニでのゲリラ露出徘徊は格別ですが

毎年購入する予定の勝負ビキニが、このビキニ以降、買えていません
P1370606.jpg
住宅街でのゲリラ撮影

荷物を置いて、まるでビーチにいるような感覚で闊歩

お尻を振りながらのモンローウォークは、最早、定番の羞恥歩行スタイルです

そして、記念に数枚撮影していた時のことでした

上の画像、僕の後方に人影があります

振り向いた時に気づいたのですが、2人のギャル様が歩いておられました

僕が振り向いた時、お2人共が僕を視姦されていました

シャーリングボトムは、左右の尻肉が大きくハミ出ているので

着衣なのに半ケツ状態、そのお尻やチューブトップを視姦されて恥ずかしい

撮るだけ撮って一目散で退散しました

今年のマイブーム衣装

夏衣装は、ボディコンよりも豊富にあるので、気分次第で変えています

特に今年は、あまり着ていなかった衣装を着ての撮影、徘徊

それにより、その衣装でしか味わえない気分や羞恥を楽しんでいます
P1230795.jpg
ホットパンツと共に、今年よく着ている衣装です

私服やSM的ではなく、どこかステージ衣装のような趣き

穿いている気がしない超ミニは、露出感タップリ

カラーや水玉のデザインが羞恥的なスパイスになっています
P1230776.jpg
この衣装でゲリラ露出、ビルの一角で着替えました

目の前は大通り、深夜とはいえ車や人通りは絶えません

車が少なくなったのを見計らって大通りへ

その時、背後から2台の自転車が僕を追い抜いて行きました

気づかずに歩いていた僕、その丸出しのようなお尻を見られたと思います

自転車には、20代前半と思われるギャル様が2人

僕を追い抜いた後、振り返りながら爆笑されていました

露出用のミニで

様々な衣装を着て撮影していますが

撮影だけで満足する衣装と、徘徊や変態行為を目的とした衣装があります

こんな恰好で、こんなことを、見られたいなど願望は止まらない

派手な衣装ほど様々な願望や妄想が生まれます
P1310586.jpg
写真の衣装などは、まさしく露出用のミニスカ

お尻の露出したまま野外でこそ真価を発揮します

ただでさえ女装している恥ずかしさ

そこに加えて超ミニのパンチラやハミ尻どころではなく、お尻が丸出し

見せるためのデザインが、より変態性を際立たせています
P1310590.jpg
お尻に当たる風に愛撫されながら、露出徘徊を満喫

恐る恐る大きな交差点に差し掛かった時でした

僕のすぐ後ろを、女性がジョギングしながら通りました

距離にして3~4メートルくらい、かなり若い女性でした

交差点に気を取られていて気づくのが遅れ

足音に驚き、慌てて振り向いた時は本当に真後ろでした

女性の視線はお尻に集中し、何事かとじっくり視姦

そのまま普通にジョギングを再開し、走って行きましたが

僕も見られた恥ずかしさに露出徘徊を続行しました

お互いに無視

露出の準備や着替えを見られるのは恥ずかしい

素の状態から大慌てになり挙動不審

しかも、写真のコスチュームなら意味不明です
P1330079.jpg
深夜の大きな駐車場

大通りには近いのですが、その駐車場内で撮影していました

近くを走る車の音、広々とした撮影スペースが露出狂マゾを煽り

大通りまで出てみたい、羞恥塗れになりたいと本領発揮

荷物やカメラを隠し、大通りに近づいて行きました
P1330083.jpg
両手を頭の後ろで組んで、腰を振りながらモンローウォーク

大通りまであと数メートルというところでした

自転車に乗った大学生風の女性がこちらに入って来ました

焦ったのですが、こちらも羞恥のモンローウォーク中です

そのまま腰をクネらせながら大通りへ

その女性もチラッと視姦した後は無視

お互いに何事もなかったように行き交いました

そのまま続行

場所にもよりますが、露出撮影は過激になりがち

ほんの少しだけがもっと欲しくなり、気づけばかなり遠くまで

刺激を求める心と諌める心のバランスは大事です
P1300128.jpg
公園での撮影でした

広い公園は撮影場所も豊富ですが、絵には気をつけたい

場所が特定出来るような建物などは映らないようにしています

そうなると広い公園でも撮影場所は限られてくる

それ故にマンネリ化、飽きが来てしまいます

そこで、少しでも興奮値を上げたいと思い、公園の出入り口で撮影です

いつ人が通るかも分からない、フラッシュで気づかれるかも

それが興奮に拍車を掛けていました
P1300135.jpg
写真の衣装で数枚撮った時でした

カメラに向けて、お尻を突き出したままシャッターが下りるのを待っていると

目の前を、女子大生風の3人が通って行きました

距離にして、わずか2~3メートルです

慌てながらもシャッターは下りる寸前なので、そのまま撮影を続行

3人の女性はクスクス笑いながら僕を見ています

僕は気にしていないフリをしながら、いろんなポーズで撮影を続け

彼女達は何度も振り返りながら笑っていました

振り向きポーズで

撮影中、第3者に見られる場合

衣装にもよりますが、後ろ姿より正面を見られる方が恥ずかしいです

その一番は、顔を見られること

憶えられること、恥ずかしがる顔を見られるのが辛いです

P1290702.jpg

狭い路地に入り、写真の衣装に着替えました

撮影が目的ではなく、衣装で徘徊するのが目的

撮影はブログ用で、本分は露出や衣装姿での羞恥歩行です

荷物を隠し、羽織るものも持たず言い訳出来ない

その姿で通りへ出るために、衣装のチェックは欠かせません

チューブトップの胸元、スカートの裾、パンティのクイ込みを確認していました

P1290697.jpg

直立のまま、スカートのフリルを直そうと半身で振り返った時

そこに自転車に乗った大学生風の女性が1人通りました

距離にして3~4メートルほどです

僕が彼女に気づいた瞬間、目が合いましたが

そこは坂道だったので、自転車はかなりスロー気味

フリルを直す姿が、振り返りポーズをキメているようで恥ずかしい

顔はもちろん、クイ込んだパンティも丸見えです

彼女はじっと顔とお尻を交互に見るように視姦して行き

僕もポーズをキメたままフリルを直しました

無視姦

撮影や徘徊を見られた場合、開き直るに限ります

ヘンに慌てると余計に目立って怪しい

全裸はともかく、着衣であれば堂々としているのがいいようです

P1330673.jpg

画像の衣装で、大きめの駐車場で撮影していました

駐車場の前は広めの通りに面し、油断は出来ません

それでも細心の注意を払いながら撮影は順調に進んでいました

しかし順調であればあるほどマンネリ、気分を変えたくなります

深夜だったこともあり、駐車場の前の通りに人影や車もいない

カメラや荷物を駐車場に置き、今度は徘徊を楽しむことにしました

P1330677.jpg

駐車場から出てしばらく経った時でした

振り返ると猛スピードの自転車がこちらへ向かって来ます

身を隠せる場所が辺りになく、駐車場に戻るにも距離がある

僕はそのまま歩き続けることにしました

自転車は2台、セレブ系のお姉様が2人です

僕の真横を走り抜け、何事もなかったようにお2人で会話しておられます

ボディコンの裾は捲れ上がり、Tバックのパンティも見えていたと思います

距離もわずか数センチというところを走り抜けられましたが、まったくの無視

視姦ではなく 「無視姦」 という犯され方をしました

冬場も視姦シリーズ

冬場でも、視姦露出シリーズを載せます

過去の話ですが、冬場らしく室内写真と共に振り返ります


P1340942.jpg

出入り口が2つある大きな駐車場でした

街灯も白ではなく、オレンジ色で煌々としています

荷物を隠して写真のボディースーツ姿になり、徘徊していました

徘徊もそこそこに撮影しようと荷物に近づくのですが

たまたま荷物を駐車場の片側の入り口付近に置いていたので

そこまで両手を頭の後ろで組み、モンローウォークしながら取りに行きました




歩き始めて間もなくでした

駐車場横の路地を自転車に乗った1人のお姉様がこちらに近づいて来ます

隠れようか迷ったのですが、そのままモンローウォークを続けました

そして、駐車場の塀越しに横並びになった時でした




「何してんの!」




キッ!と睨みながらの一喝でした

それでも僕はそのままモンローウォークを続けましたが

羞恥と恐怖で膝はガクガク震え、そして感じていました

信号と塀

明るい場所での撮影はテンションが上がります

街灯、信号、自販機などを照明代わりにしてウットリ

もちろん明るいだけに見られる可能性も高いのですが

それすらも羞恥快楽の一つとなっています


P1270217.jpg

写真は交差点横の小さな憩いの場

しかしその交差点は大通りに面しています

幸いなことに小さなベンチや塀のおかげで、いざという時に身を隠せます

さすがに信号待ちしている車がいる時は撮影しませんが

深夜だったので車も人通りも少なく、わりと有意義に撮影していました




しかし、その塀と信号がポイントでした

写真の僕の後ろには、ギャルが1人歩いています

僕と同じ向きの信号が青、ということは写真の左右の信号は赤

赤信号のうちにと思っていたのですが、塀があるため気づくのが遅れました

ギャルと僕、お互いに気づくとギャルは睨みつけるような鋭い視線

撮影を忘れてただ立ち竦む僕を、信号待ちの間、じっと視姦されました

「すみません、撮影しているだけです」

僕は思い切って声を掛け、事情を説明しました

するとそのギャルは、じっと視姦しながらもニコッと微笑みました

「よかったら撮影に協力していただけませんか?」

その声には反応は無く、それでもニヤニヤ視姦されていました

夏の日のこと

駐車場での撮影は危険と紙一重です

駐車場に入ってくる車はライトで確認出来ますが

車の音で周辺の物音がかき消されます

当たり前のことですが、目と耳の両方で警戒しなければなりません

それでも駐車場での撮影に飽きないのは、様々な形や雰囲気があるから

駐車台数、街灯、看板など、その場所によりいろんな景色を作っています


P1340075.jpg

写真の駐車場で撮影していました

周辺の道路に車が何台も通るわりと早い時間帯です

その車の音でまったく気づかず

僕の後ろの茂った木々で確認すらも遅れました


P1340076.jpg

写真の木々の向こう側に、若い女性が3人

全員が何やら話しながら、木々の隙間から僕を視姦していました

どこにいるのかすぐに確認出来ずにオロオロ

前後からピンクのTバックや丸出しのお尻を見られたと思います

長く続く木々の様々な場所から覗かれてましたが

それが逆に盗撮、覗き見という視姦快楽に変わり

開き直ってジュリ扇を掲げて撮影を続けました