FC2ブログ

感涙のM性活

年中無休で発情中!!童貞 包茎 露出狂マゾの妄想と告白
2017/09≪  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  ≫ 2017/11

理想的

お気に入り衣装の紹介記事ですが

毎回の事ながら、衣装紹介はテンションが上がります

この時ばかりは、文章よりも画像がメインになっています
P1420757.jpg
P1420759.jpg
新しいボディコンです

このボディコン、僕の好きなポイントだらけです

まず、黄色のボディコン自体が少ないので貴重です

SM色ではないと思いますが、バブル期には黄色が多かった思います

SMというより、淫乱や好きモノのイメージで着ています

デザインも首に掛ける紐、カットされたボディデザインにリング付き

そして、大好きなシャーリングの超ミニは僕の鉄板デザインです

どこか全体的に90年代バブル期のイメージが残っていて

その頃のボディコンを探しているということもあり

色違いで同じボディコンを数枚欲しいくらいです

ド派手な露出狂ボディコン、淫乱覚醒させられる、輪姦前の姿ets

そんなイメージで、少し歩くだけで捲れる裾を直しています
P1420761.jpg
スポンサーサイト
[PR]

必需品

P1400847.jpg
僕の持っているパンティは、ほとんどが女性モノ

男性モノだと攻撃的な感じがしてテンションが上がりません

何枚か面白いモノは時々活用していますが、基本は女性モノで勝負です
P1400848.jpg
でも、ブリーフだけは特別で別格

しかも、童貞でマゾというからには必需品です

今回、数十年ぶりにブリーフを穿きましたが、なんとも心地がいい

肌触り、収まり具合など違和感が全くありません

違和感があるとしたら僕の方かもしれません

それは、筋肉質ではマゾ的に絵にならないということ

貧弱なガリガリの方、極端に太った方の方が映えると思います
P1400851.jpg
童貞マゾ、童貞包茎マゾには必須アイテム

ブリーフ一枚の姿がみすぼらしくて情けない

自ら脱いでも脱がされても惨めで恥ずかしい

前も後ろもお漏らしが恥ずかしいシミが滲む

毎日のように脱がされて全裸にされていた10代の頃が蘇る

ブリーフの白は純白ではなく、何も知らない童貞色

どんな色にでも染められてしまうマゾ色です

艶っ艶の黒

いよいよ暑くなってきましたね

コーヒー好きの僕は、暑くても熱いホットが好きです

アイスコーヒーは、時にお腹を下すことがあるのでイマイチ

ホットの飲み込んだ時のあの一息のために飲んでいるような気もします
P1400551.jpg
久しぶりの衣装紹介です

黒は私服でも必要不可欠な色、それは衣装でも同じです

衣装の黒も数着持っていますが

これっというものには滅多に出会うことがありません

今までも、未発表になってお蔵入りになったものも数着ありますが

やっと僕の求めていた黒のボディコンに出会えたようです
P1400562.jpg
P1400558.jpg
お気に入りは、やはり艶のある黒

密着感がありフェティッシュ、いやらしさを醸し出しています

エナメルなどのテカテカに光った素材が好きな僕には堪りません

ピッタリと体に張り付く生地は、ボディコン以上にフェティシズムです

背中の露出度、超ミニというより極ミニも嬉しく

正面が隠れている分、背面の露出が心地いいです

そして、少しだけミニの上部がレースなのもお気に入りです

ハイネックも僕の好きなデザインですが、やはり決め手は艶っ艶の黒です

豹柄ボディコン

今年もボディコンを買い漁りそうです

今現在でも、かなりの枚数を持っていますが新たに欲しい

いろんな衣装を購入しましたが、やはりボディコンが中心です
P1390849.jpg
新衣装、豹柄のボディコンです

単色のボディコンばかりではありません

花柄やドット柄、豹柄ももちろん大好きです

豹柄にある攻撃的、行動的、動物的なイメージそのままに

積極的に挑発、変態衝動、本能の赴くままに快感を貪る淫乱マゾ

衣装によって支配、洗脳されるように本性を剥き出しにします
P1390850.jpg
P1390851.jpg
お気に入りは多数あります

光沢感は高級感があり、エレガントな気分にさせてくれます

その中に潜んだ淫乱性やマゾ性との対比が気持ちいい

さらに、ベルトを付けることで引き締まり、ファッション的にも満足

それは、タンクトップ調のデザインにもアクセントとなり

大好きな極ミニも、一際引き立ちます

やはりこのボディコンでは、激しい淫乱性を引き出され弄ばれる

或いは、この衣装を後悔するような激しい凌辱責めに遭いたいです

新着ブルマー

少しでも油断したら、風邪を引いてしまいそうな寒さ

皆様、お体ご自愛下さい
P1380812.jpg
スクール系衣装の紹介は数年ぶりです

ブルマーもスクール水着も、紺色にはリアルさへの憧れや執着がありますが

エンジ色も同様に、女子やブルマーらしさを感じます

紺色なら男子用、Tシャツと短パンに見えなくもないですが

エンジ色は明らかに女子用、体操服とブルマーです

そういう意味では、白やピンクは現実離れし過ぎかと

グリーンはギリギリセーフといった感じです
P1380813.jpg
P1380814.jpg
お気に入りは、エンジ色だけではありません

このブルマーは、少しハイレグになっています

そのために、太腿が完全に丸出しになり、爽快感と羞恥を得られ

ハイレグを利用したクイ込み、尻肉がハミ出る嬉しさがあります

それはスクール水着同様、ティーンエイジへの情景

憧れていた同級生のハミ尻を思い出すと同時に、自分でそれを体感

そして今現在、もう一度見たい、または見られたいです

新モノキニワンピース

毎年、ビキニやモノキニワンピース水着を数着購入します

勝負ビキニは必ず欲しい、モノキニはいろんなタイプを

短い夏を、様々な水着で楽しみたいです
P1370503.jpg
新しいモノキニワンピース

赤ではなく、珍しいエンジのようなカラーです

胸元をチューブトップのように包み込む生地は、薄い布一枚

股間も同じく薄い布なので、羞恥に悶えるには絶好です

リング付きの紐で繋ぎ合わせ、首元はリードのよう

どこかSM臭を漂わせているのが気に入っています
P1370505.jpg
お尻部分はGストのような紐のみ

Tバックはよく見かけますが、Gストは数が少なく貴重

離れて見れば、何も穿いていないように見えるのが恥ずかしい

足を開けばもちろん、普通に歩いていてもアナルが見えそう

女性用、薄い生地、Gストなど、羞恥要素がいっぱい

撮影用、露出用、調教用と様々な場所で活躍してくれそうです

早速の夏衣装紹介

毎年、夏場には自分の中のブームがあります

ホットパンツ中心、ミニスカ中心、ワンピース水着中心など様々

夏はいろんな衣装を着るので、今年は何が来るのか自分でも楽しみ

あえて未公開の衣装ばかりというのもいいかも
P1300624.jpg
随分前に購入した花柄のミニスカです

ピンクの明るさと花柄がこの時期にピッタリ

淡いピンクも好きですが、これくらい濃いピンクが大好き

そして、単色にもマンネリを感じていただけに貴重な一枚です
P1300626.jpg
超ミニどころか激ミニ

ほとんど股下0センチに近いミニは羞恥マゾ、露出マゾには堪りません

明るさや健康的なイメージがあるこのミニスカ

徘徊にピッタリで、ハミ尻やパンモロは確実です

羞恥や露出的にはバッチリですが、SMっぽくはない

日常的なイメージで視姦され、犯されたいです

久しぶりの新衣装

夏の到来を、もうすぐと感じさせながら

不意に何月か分からなくなるくらい寒い夜がありますね

梅雨入りしたというのに、いまさら寒いのはありえません
P1350680.jpg
久しぶりの衣装紹介です

春衣装を探しながらも、フレアミニと唱えながらも

購入したのはやはりボディコンでした

大好きなシャーリング、ゆったりとした胸元が特徴的

露出度が少ない分、女性らしいデザイン

あまり持っていない鮮やかなブルーもお気に入りの一つです
P1350685.jpg
このボディコンにはパンストが似合う

テカテカの光沢パンストでエレガントに(?)

黒のパンストでセクシーなポーズを決めたい

ネチネチと甚振るような凌辱に我を忘れ、隠していた本性が露わになる

パンストと合わせて着飾り、気取っていただけに恥ずかしい

その変貌ぶりを楽しんでいただきたい衣装です

三色目

嫌いな冬場に衣装紹介

しかし、変化を加えることで気分も高揚します

いつもの野外とは趣きも変わり、室内での撮影

少しでも室内感、照明などで淫乱性が際立てば幸いです


P1200382.jpg

同じデザインの衣装、3着目です

ピンク、青と紹介し、最後に白

気に入ったデザインは、色違いで何着も欲しい

このボディコンも、時代を感じさせるデザインであまり見掛けない

貴重なので迷わず購入しました

それは両手のグローブも同じでよりボディコンらしく、淫乱らしく

両腕を締め付けるようなタイトなグローブも、ボディコンを着ている現実感を与えてくれます


P1200383.jpg
P1200385.jpg

後ろから見れば、全裸が想像出来そうなデザインでも

サイドを見れば拘束されているような、チラ見せしているようなデザイン

ボディコン特有のフィット感と露出感を楽しみます

スレイブカラーの1つでもある白

自ら着ているようで、着せられているようでもある

汚される前の純白、本性を隠した偽りの白

やはりSMには黒、赤、白が似合います

初挑戦

一気に真冬がやってきたような寒さ

ブログも冬や寒気に対する愚痴が目立つようになりました

冬で楽しみなことと言えば、鍋などの食への楽しみくらい

一人鍋も慣れて違和感なく、むしろ心地良く堪能出来ます


P1190360.jpg
P1190361.jpg

初のロング丈ワンピースです

今までのボディコンやフレアスカートは全て超ミニ

膝丈やミディアム丈すらありませんでした

それが今回、一気に足元まであるロングワンピースに挑戦

着てみると、超ミニ着用時のような露出感はないものの

気が引き締まるというか、淑女のような気分になり

自分の淫乱性やマゾ性が隠れ、心底をロングスカートで隠している快感が生まれました


P1190362.jpg

サイドは両側共に網目

スリットどころではなく、ワンピース全体が前掛けよう

歩くたびにサイドから足がハミ出て、その時が唯一の露出感を味わえます

隠している面積が多いだけに、一瞬の露出が貴重となります

写真は見ての通りノーパン

淫乱性を足元まで隠しながら、僅かに零れるマゾヒズム

前後を捲り上げられ巾着のような状態での晒し者

顔を隠された凌辱的なペニバンセックスを待ってしまいます

これならイケる

衣装には、ストレッチが効いていないと着れないことが多いです

もしくは、肩紐で調節出来ないと苦しく、脱ぐのも困難

そういう難点を踏まえても長袖のボディコンを敬遠していました


P1310097.jpg

難点だらけの長袖ボディコン

しかし、首元が大きく開いてチューブトップのよう

これなら脱着も簡単に行えます

薄い生地で体にピッタピタに張り付き、触り心地も抜群

ボディースーツや全身タイツを着ているような密着感がボディコンらしく

袖や裾を直す行為も、ボディコンを着ている満足感を与えてくれます


P1310103.jpg
P1310099.jpg

もちろん超ミニは必須条件

少し歩くだけで、簡単に捲れ上がる裾を直すのも楽しい

ピッタリと体にフィットしているから、お尻の形も丸分かり

しかし、それこそボディコンの魅力

そして、この長袖ボディコンなら、生地が薄いと言えども寒さ対策も兼ね

パンストと組み合わせれば、増々ボディコンを堪能出来そうです

ほとんど裸

毎年1着だけ購入する勝負ビキニ

しかしモノキニやワンピース水着は数着購入します

そして、モノキニやワンピースの方がマイブームでもあります


P1300763.jpg

今年購入したモノキニワンピースです

股間は超ハイレグ、1本のラインのようなデザインを気に入っています

ピンクにキスマークの柄もビッチぽい気分になれる

派手さとエロさのコラボが気持ちいいです


P1300765.jpg
P1300769.jpg

そして、1番気に入ってる部分は背面にあり

ほとんど裸、全裸に近いデザインです

ここまで来れば、ファッションというより露出狂のよう

背後から見れば、隠れているのはお尻の割れ目部分だけ

横から見れば、Tバックが浮き上がって見える吊りのよう

見せる、見られることを目的とした羞恥心をくすぐるデザインです

この水着でビーチやプールサイドを闊歩し視姦責めを受け

最後は全裸にヒン剥かれたいです

座っても大丈夫

夏場は衣装紹介が多くなります

ミニスカはもちろん、ホットパンツや水着は毎年購入

僅か2ヶ月半の夏衣装ですが、楽しみは尽きません


P1320653.jpg
P1320652.jpg

新衣装はデニムミニです

ストレッチが全く効かず、今まで何度か購入ミスしましたが

このデニムミニはピッタリ、全く問題ありません

デニムミニは、他のミニスカよりもリアルさがありますが

それでも、超ミニというところは外せません

立っているだけでパンチラしそうな裾

後ろ姿は少し屈んだだけでパンティが丸見えになります


P1320657.jpg

そしてデニムミニの長所は、汚れが目立たないところ

地面やイスにそのまま座っても大丈夫

これは衣装で座ることに気が引ける現状を打破してくれます

どこに腰掛けても、超ミニのためにパンチラは確実

大好きな三角地帯のパンチラ、皆様にも見ていただきたいです

用途に応じて

P1300447.jpg

新衣装の紹介です

写真のミニスカ、一見普通のシンプルなミニスカですが

なんとも羞恥向き、露出向きのミニスカなのです


P1300448.jpg
P1300449.jpg
P1300451.jpg

ファスナー付きのミニスカ

しかも、ファスナーを全開に出来て360度回転

スリットに見立ててポーズを決めたり、ファッションとして活用

後ろもスリットでファッション、全開にして羞恥露出

前方では、股間丸出しの羞恥が味わえます

しかし、このままファッションとして、ボディコンと同じような扱いでは勿体ない

ゲリラ露出やゲリラ撮影に向いているので、街中で活用したい

そして、このミニスカとOバックのミニスカ

夏場限定だけの衣装としては、宝の持ち腐れです

この2つのミニスカは、季節を問わずSM衣装として活用していきます

シンプルに帰る

新しい衣装をブログ上で紹介する時

衣装だけでなく、撮影場所も新たな場所を心掛けていますが

諸事情で、そう簡単には上手くいきません

しかし、場合によっては衣装よりも、新たな撮影発見の方が嬉しい時もあります


P1310186.jpg

写真は新しい黒のボディコンです

露出度は控えめで、いたってシンプル

いろんなボディコンを着てきましたが、最終的にはシンプルに帰ります

もちろん露出度の高いボディコンは好きですが、飽きるも早い

ボディコンや衣装というより、コスチュームのように思えます

だからと言って露出度が少ないのも淋しいもの

どこか露出狂的、見られたい願望要素が欲しいです


P1310187.jpg

タンクトップのシンプルな正面とは裏腹に

背面は、レースで施されたデザインになっていて

ほんの少しとはいえ、露出度や女装感を堪能出来ます

むしろワンポイント、例えばスリットだけでも十分露出と羞恥を味わえる

派手過ぎず、シンプル過ぎないボディコンです




しかし、駐車場での撮影に、リアル感や臨場感があると言っても

写真のように、背景に木が生い茂っているのはイマイチ

やはり駐車場には、車が停まってないと説得力に欠けます

ビリヤードとワンピ

P1200482.jpg
P1200483.jpg

衣装紹介は場所を変えたい

ただでさえマンネリ気味の当ブログ

せめて初めて披露する衣装は新鮮な場所でと

室内ですがビリヤード台とコラボしてみました




新衣装のお気に入りは

バスト部分から上のゼブラ柄とシワシワの袖

毎度のことながらの超ミニです

ゼブラ部分は、体から少しフワッと浮いている感じですが

オフショルダーが女性らしく

ツートンカラーは初めてなのでテンションも上がり

気分もエレガント(?)になります

胸下からは、ピッタピタに体にフィットする大好きな生地

普通に立っていても尻肉が見えそう

でも、これくらいミニでないと気分が盛り上がりません


P1200517.jpg

衣装の色合い、パンスト着用などで気分も高揚

ビリヤードに興じ、大人な女性を満喫しました

しかし、めちゃくちゃビリヤードが下手なため

態勢や構えもぎこちなくキマりません

それでもタイトで体に密着する生地が裾を引き上げ

少し屈んだだけでもパンチラします

この衣装の時は、ムードある雰囲気の中で抱かれたいです

久々の黒

60着以上の衣装を紹介してきました

正直、書くことがない時もあります

ただ単に写真を並べるだけで十分なのですが

無理矢理絞り出してでも書いていきます


P1280264.jpg

久しぶりに黒ボディコンの紹介です

昨年までは、ブログを派手にしようとカラフルなボディコンばかりを紹介

しかし今年のコンセプトは黒や赤、白のSM色が中心です

いつも載せている黒のボディコンばかりでは少し淋しい

赤の衣装は増えましたが、黒が1枚だけでは締まりません

むしろ黒はSMを象徴する色なので、これからも増やしていきます


P1280265.jpg
P1280266.jpg

胸元のリング、シャーリングがお気に入り

背中がタンクトップ調なので着やすいです

難点を言えば、フロントの丈が短い、露出が少ない

露出狂、露出マゾを謳うなら肌を見せないと意味がありません

今後も黒のボディコンは増やしていきますが、露出度がポイントです

ようやく発見

ボディコンが流行った頃に比べると、今は品数も少ない

デザインなども当時に比べると大人しいモノがほとんどです

その中で、自分の求めているボディコンに出会うことは稀

見つけたら即購入を心掛けています


P1250758.jpg

白と黒、ストライプのチューブトップボディコンです

ストライプのボディコンはずっと探していました

シンプルなデザインなのに、どこかエロい

いやらしさの中にも上品さ、エレガントさが漂います

体のラインがハッキリと分かり、淫靡な気分に包まれ

闊歩するのも、ポーズを決めるのも優雅に、それでいてエロスを意識します


P1250762.jpg

何度も同じことを言いますが、今年は黒や白や赤の衣装がベースです

柄物や他の原色は極力避けていますが、この衣装は別物

幸いにもストライプも白と黒です

ストライプと言えばボーダー柄も好き

ただこちらも白黒のボーダー柄がいい、そして超ミニは必須条件です

初エナメル

11月から衣装は再びボディコンへ

ここからは新衣装の紹介が多くなります

夏場の水着、10月のスクール系と新しいボディコンを紹介し損ね

紹介出来る喜びと共に新たな羞恥に塗れます


P1220272.jpg

ブログに載せる衣装

今年は白や黒のSM色中心がコンセプトですが、赤も忘れてはなりません

他の色は数種類持っていますが、何故か赤は1着だけ

サイドがリングのボディコン1着だけでしたが

SMの香りがする衣装を探していました


P1220273.jpg

エナメルの衣装は初めてです

艶っぽく、高級感もあり、大好きな種類です

革よりもエナメル、エナメルフェチ的な傾向もあり

感触よりもハッキリとした発色に目を奪われます

チューブトップは数種類持っているので避けたいところですが

赤、エナメルというSM感の前では迷いは消え去ります

女王様的な雰囲気のある衣装ですが、M女のように着たい

伸縮性の少なさが、拘束されているように感じます


P1220280.jpg

お気に入りはもちろんエナメル

それと、両サイドのメッシュ、パツパツ感です

総エナメルではなく、サイドのメッシュがいやらしい

メッシュからパンティの色も分かってしまい、羞恥的でもあります

パツパツに張ったエナメル素材で体のラインも強調され

特にお尻の丸みが強調されるところが好きです

そもそも、夜に撮影することがほとんど

エナメルは夜、暗闇に映え、より淫靡な気持ちになります

SMらしく

亀甲縛りなどの緊縛にあまり興味はないのですが

羞恥や露出に重点を置いた意味合いなると話は別です

それは、亀甲縛りがコスチュームになるということ

そして、見せるための手段としての亀甲縛りということです


P1230964.jpg

新しい衣装、亀甲縛りのボディスーツです

SM色を全面に出すのが、今年の衣装のコンセプト

撮影場所も衣装のイメージに合わせました

黒や白だけでなく、赤も立派なSM色

いやむしろ、赤はよりSM色が強く

この3色の中では、赤が緊縛のイメージに合うと思います

1度着てしまえばどうということはないのですが、とにかく着難いのが難点

それだけに、装着するとマゾの血が沸き上がって来るのが分かります


P1230966.jpg

この衣装は、あらゆる場所で活躍しそうです

写真の金網や廃工場、もちろん路上や草原でも

緊縛のイメージで赤を購入しましたが、他にも理由があり

それは、昼間の野外に映えそうだからです

明るい昼間の風景、陽射しを浴びたボディスーツ

自分の破廉恥極まるマゾ丸出しな姿に恥じらいながら徘徊

何でも淫具に変えて戯れる変態マゾの痴態をお見せしたいのです

猛暑を和らげる色と柄

今年の夏は、衣装紹介が控えめです

まだまだ未発表の衣装はあるのですが、衣装紹介ブログにならないように

そういえば今年の勝負ビキニもまだ未発表のままですね


P1180709.jpg

ボディコンばかりではありません

ロリ系、ダンス系の衣装も大好きです

そういう意味で、両方を兼ね備えたこの衣装を気に入っています

ドット柄、ワッフルデザイン、フリルなど

どれも女性、少女らしくて気に入っています

この衣装を着ると、自分の年齢も低下し、幼児退行して行くのが分かります

ボディコンではいやらしい、エロい、派手と思われたいですが

この衣装では可愛いと言われたら嬉しいです


P1180710.jpg

もちろんミニスカは激ミニ

普通に立っていても、パンチラどころかパンモロ

トップスはロリータ系ですが、ミニと合わせるとダンサーの衣装のようです

見せパンなどもっての他

いつでも羞恥に塗れるための派手なパンティを穿いています

この衣装の時は、着衣のままファックされたいです


P1170784.jpg

僕にピッタリ

P1230575.jpg

新衣装のミニスカです

この上下の組み合わせがお気に入り

OL、女教師など大人の女性、仕事をバリバリこなすキャリアウーマン

肩を出していることで、いやらしい気分にも浸ります

撮影場所もビルの前、衣装のイメージをリアルに体感

さらには、無機質な鉄筋やアスファルトにもフェティッシュを感じます


P1230576.jpg

そして、この衣装の1番の特徴、Oバックです

正に露出愛好者、羞恥責め愛好者のための衣装

正面はシンプルなミニスカに見えても、背面は破廉恥そのもの

パンティの色や形状をアピールする羞恥ミニ

むしろ正面が普通なだけに、恥ずかしさといやらしさが倍増します

さらに、前後を簡単に入れ替えられる生地なので

股間部分をOフロントにしても楽しめます


P1230584.jpg

この衣装のまま、公道を徘徊

ボディコンなら、意識は360度全てに置く恥ずかしさ

しかしOバックの為、正面はそれほど気にならず、意識は背面に集中します

でも、そんな後ろ姿を見られたい

気づかずに闊歩している姿、恥ずかしくても隠せない

命令されて歩き、後ろから追い抜かれるたびに羞恥に悶えたい

せっかくの露出ミニ、羞恥ミニの撮影は、基本的に街中で行います

夏を先取り

P1220390.jpg

当ブログ開設当初に1~2度だけ登場し、忘れていたバ〇ワイザーのボディコンです

このシリーズも様々で、本物は2度見してしまうほど一瞬バ〇ワイザーと分からない

でも、このバージョンの方が広く知られていると思います




コスプレ衣装の定番ではありますが、外せません

前面と背面に描かれた大きなプリントがポイント

そのド派手なプリントに羞恥を感じます

隠そうにも隠し切れない大きさと色

一目でブランドやデザインが分かり、変態というのが丸分かり

それでもカッコ良く、いやらしく立ち振る舞いたいです


P1220391.jpg

バ〇ワイザーは、コンパニオンやレースクィーンのイメージ

そうなればパンストは必需品です

コンパニオンやレースクィーンを意識するなら欠かせません

マチなしで、光沢のあるパンストはかなり薄め

普通のパンストより肌触りが心地良く、愛撫されているよう

撮影以外でも意味なく触って感度を上げています




バ〇ワイザーの衣装も、基本この時期だけです

しかし、このパンストは履き続け、載せ続けると思います

ってか、ベージュのパンストは履きませんが、このパンストは別です

好きな2つを兼ね備え

P1210926.jpg

約4ヶ月ぶり、久しぶりの新衣装紹介です

やはり露出シーズンになると衣装も増えます

春衣装は終了、夏場の水着、ギャル風衣装まで白黒衣装が中心です

でも今年はギャル風衣装にも変化が欲しい

SM色がある衣装を載せていくつもりです




ブログを派手にカラーリング

淫乱丸出しの派手なボディコンが大好きですが

今年は黒や白のボディコン中心でいきたい

原点回帰というか、SM色を出していきたい

限定衣装を除けば、基本は白黒、たまに他の色でアクセント

目的や意味のある衣装の撮影や羅列が楽しいです


P1210924.jpg

ホルダーネックの白ボディコン

シャーリングも好きですが、ホルダーネックも大好き

このボディコンは、シャーリングこそ少なめですが

僕の好きなその2つを兼ね備え、女性らしさや女装の醍醐味が味わえます

胸元が大きく開いて、開いた部分に皺が入るのも気持ちいい

もちろんギリギリの丈は必須条件

思いっきり裾を引っ張っても太腿は丸出しになり

歩くたびに自然とパンチラしそうで嬉しいのです




同じ衣装でも、黒や白は気分が引き締まります

それは姿勢にも表れ、凛として闊歩します

しかし、SMやチンポ好き、セックス中毒や露出癖は隠せず

背筋を伸ばしても考えることは同じ

いや、白の衣装を着ているからこそ汚されたい

清楚、純白の仮面を剥がし、スレイブの白と認識されたいです

マダム気分

P1200763.jpg

P1200764.jpg




写真はホテルの室内プールです

撮影に関係無く年中プールには入りたい

10代の頃、頻繁にプールで全裸にされた思い出以外にも

運動好き、プール好きの僕には最適の空間です




写真は数年前に購入したモノキニワンピース

シンプルな色使いと花柄模様にメッシュ素材が大人の雰囲気

エレガント、艶女、人妻のイメージで着ていますが

ヒップのシャーリングだけは外せません

数年前から着ている水着なので

メインの野外や住宅街も闊歩しています

この水着では、派手な変態オナニーをするより

水着の持つイメージを大切にしたエロスを体感したい

プールならダイエットや健康維持でスイミングスクールに通う人妻のイメージです




P1200771.jpg




大好きなプールで、モノキニワンピを着ればテンションも上がり

プールに浸かり、液体に溶け込む快感に体をクネらせ

大胆な大人の雰囲気漂う水着とプール

本当にスイミングスクールにいるような気分になりました




P1200772.jpg




気持ちいい

プールにお気に入りの水着、最高

水面ギリギリに映ったシャーリングのお尻が好き

お尻の形が判り、程よいクイ込み

冬場限定で、プール写真を載せていきます

照明を当てて

P1200120.jpg




スタジオ撮影です

初めて照明を当てて撮影しました

衣装がハッキリと映り、肌も綺麗に見え

モデル気分で撮影を楽しみました




珍しい色、グリーンというより黄緑です

ウエスト部分のスパンコールがアクセント

正面から見れば露出は少ないですが

柔らかいソフトな生地に女性らしさを感じ

着るたびにウットリと衣装の着心地を楽しみます

伸縮性も抜群で、脱着も簡単

着やすい衣装というだけで気に入っています




P1200121.jpg




正面よりも後ろの方がお気に入り

大きく大胆に開いた背中と

両肩を繋いだ紐がいやらしく感じます

そして、何と言っても超ミニ

ウエスト部分の切り返しまで簡単にズリ上がり

しわになり難い柔らかい生地はスベスベで

写真のようにプリップリのお尻になります

お尻を撫でられるのが大好きですが

このボディコンは、触った方も気持ちいいはずです

濃さが大事

P1130934.jpg

P1130932.jpg

P1130930.jpg




以前に紹介したサイドにリングが付いたボディコン

それの色違いです

気に入ったモノがあれば、色違いで数枚購入

ボディコン自体、あまり見掛けないので

品切れにでもなったら、もうお目に掛かれません

まぁ例え売り切れても

ネットで見ているだけでもウットリするのですが…




奇抜なデザインにも惹かれましたが

どこか古い、バブル期、90年代っぽい

今は見掛けなくなったディスコ全盛期のボディコンも好きです

ケバいというか、いやらしいというか…




気に入ってるのはサイドの4連リング

濃いブルー、パツパツの生地です

淡いブルー、水色のボディコンも持っていますが

明る過ぎて露出には向いていても、SMには不向きかもしれません

水色が昼間の青空なら、濃い青は夕闇や深夜

衣装で時間をコントロールし、淫靡な気分に導きます




1枚目のパツパツ淫尻

3枚目の足の交差とパンチラ

じっくり見られたい

そして、犯されたいです

秋の終わりに

P1190350.jpg




気に入った衣装は

色違いで数点購入することがあります

それと同じように

すでに持っているカラーでも

若干の色違い、色の濃さやラメ入りなどで

同色も数点所持しています




秋に合わせて購入した衣装ですが

あっという間に秋が終わりそう、載せるのが遅れました

秋、もしくは春向きの淡いイエローワンピースです

濃いカラーほどSMを感じますが

薄いカラーは女装意識を高めます

気に入ってる部分は、肩紐のレースと袖

女性らしさを感じます




P1190348.jpg




伸縮性はほとんどなく、なんとか着ている状態ですが

その分、ピッタリと肌に張り付く密着感

おかげでピッタピタの超ミニになります

立っているだけでパンティが見えそう

歩くたびに裾が捲れて、お尻が出てしまいます

プリッとお尻が出る羞恥に裾を直しますが

それこそが超ミニの魅力

この衣装では、ジュリ扇と合わせるより

普段着っぽく自然体、日常的な羞恥や凌辱を期待してしまいます

色違いも欲しい

P1180412.jpg

P1180413.jpg




紫を着ると、いやらしい気分になります

紫に持つイメージが淫靡で卑猥

陰湿に執拗に凌辱、調教され

不貞なセックス奴隷に堕ちて行きたいです




お気に入りの1つはホルダーネック

脱着しやすく、男性モノにはない女性らしさ

首に掛かっているので奴隷気分も味わえます

濃い色の紫ではなく、少し薄めの紫もお気に入り

いやらしさだけでなく、エレガントさもあり

姿勢を正して凛として歩きたくなります




最大の特徴はシャーリング

これが決め手となり購入しました

シャーリングも女性らしさ抜群のデザイン

柔らかさ、自然に裾が捲れるのも好きなポイントです

このタイプなら、色違いも揃えたい

本当に気に入ったボディコンが中々見つけ難いので

気に入れば集めてしまいます

時には安っぽいヤリマンボディコンマゾ

時にはキャバ嬢やマダムのイメージ

そして、このボディコンを着ている時は

ねちっこく、心の底に眠る淫乱性を引き出されたいです




それにしても…

2枚目の写真、肩の筋肉が邪魔です…

当時を彷彿

P1130983.jpg




様々な色のボディコンを所持していますが

どの色よりも、ピンクを着る時が

1番テンションが上がります

購入する時も、まずはカラーをチェック

どうしてもピンクに目が行きます

派手な色、女性らしい色が魅力的

逆に言えば、男として恥ずかしいとも言えます




ワンショルダーなので脱着は簡単

少しのストレッチが、逆にピタピタ感を出して

いかにもボディコンらしく

窮屈さから拘束感やフェティッシュ感を得られ

派手な色が淫乱性を強調してくれます

比較的、手ごろな価格と色が豊富だったので

色違いを数点、購入しました

そちらもいずれ…




P1130985.jpg

P1130987.jpg




派手な色以外に気に入っているのは

片側だけにあるサイドのリングです

隙間が出来て露出部分が多く

腰の切れ込みの深さと、半尻しているのが堪りません

ボディコンが流行った当時を彷彿させるデザイン

後ろから見ても、横から見ても

半裸状態、裸を想像させるデザインで

どこか安っぽく、軽薄な印象があり

ヤリマン露出狂マゾの僕にピッタリです

格好いいデザイン、可愛いデザインも好きですが

ボディコン全盛当時や娼婦のようなデザインも捨て難い

ジュリ扇を持ってもシックリきます

なので、露出が激しいボディコン全盛期のデザインを探しています